歌詞

季節の灯

ACIDMAN

作詞
大木伸夫
作曲
ACIDMAN

水色の風が 通り雨に濡れて

ふとあの日の街を 思い出しました


当たり前の様に季節は流れて

黄昏に染まる そう いつかと同じ空


ただ重ねる何度も掲げた僅かな言葉


いつの日か私も君も終わってゆくから

残された日の全て心を添えておこう

灯る火の果てに


世界の始めに 聴いた事がある

耳鳴りはいつかの そう いつかの唄だった


見上げればあの丘の向こうに


何回目の太陽だろう? 憶えてゆけるかな?

与えられた日の全て 心を添えておこう

昇る陽の果てに


無くした 本当は透明な罪の上で

それでも 世界は透明な火を灯して


何度も掲げた僅かな言葉


いつの日か私も君も終わってゆくから

残された日の全て心を添えておこう

何回でも陽は昇る 遠くへ唄を乗せて

提供: うたまっぷ