歌詞

ささくれの木

愛名

作詞
Haruka
作曲
Aina

木の下でなぜか欲張りになる

光差す青い葉はステンドグラス


木漏れ陽 くれたよね


乾いた愛 潤したいもう一度

注ぐ水は少し多すぎたけど

ささくれの木 触れると痛い

でも 枯れないでいて


雨の日はあなたは傘になって

凍えそうな雫から守ってくれた


それでも 足りなくて


通り過ぎる季節がいたずらに

あなたの色 変えてしまう 悔しいよ

痛む腕で強く抱いた

その傷が証


乾いた愛 潤したいもう一度

嘆く声があなたに届くように

ささくれの木 抱いているよ

ねえ 枯れないでいて

提供: うたまっぷ