歌詞

彼女の夏

Sunny Side Up

作詞
SANISAI
作曲
村井伸吾

押し寄せくる夏の気配

夕立の匂いにあなた想えば

眠らせたはずの愛しさが

さざ波のようにそっと蘇える


朝顔の浴衣 下駄の音

はぐれないように大きな背中追いかけ

来年もあなたと夏祭り

行こうと決めたあの夏の日


「じゃあ またね」あの日も

いつも通りさよならしたのに

祭りのあとの静けさの夜に

あなたは突然灯り消した

優しい言葉も声も唇も

私の中に残したまま


あの日と同じ 夏祭り

結えるほどにこの髪も伸びたけれど

まだ他の誰かに抱かれても

あなたの影探してしまう


涙の中にある哀しみの粒さえ

瞼を閉じれば見えるくらい

ただ会いたくて


永遠に変わらず続いていくものはない

そう思うようにしてる

この世界だって小さなきっかけで

なくなってしまいそうだから


朝顔の浴衣 下駄の音

結えるほど伸びた髪短く切って

今は他の誰かに抱かれてる

あなたの影想い出にかえて

提供: うたまっぷ