歌詞

枯れない泉

馬の骨

作詞
堀込泰行
作曲
堀込泰行

おはよう 都会のお陽さま

こころに浮かぶ 地平線


ふるぼけた夢を手に新航路へ

季節を切り開くさ


強い風と忘れそうな太陽に

そうさ 何か脱ぎすてたくなるんだ

乾いた風に明日を占う街で

胸の奥に枯れない泉を見たのさ


さよなら 昨日の悪夢よ

こころに広がる 水平線


温めた想いひとつで 幾千マイルを

どこまでも行けるだろう


強い風と忘れそうな太陽に

そうさ 何か脱ぎすてたくなるんだ

乾いた風に揮発してく涙を

空の彼方 消える残像に見たのさ


寝かしつけた情熱が泣きわめくんだ

赤ん坊のように あの犬のように オォイェー!


強い風と忘れそうな太陽に

そうさ 何か脱ぎ捨てたくなるんだ

見えぬ星に願いをかける街で

胸の奥に枯れない泉を見たのさ

提供: うたまっぷ