歌詞

Stone

天野月子

作詞
天野月子
作曲
天野月子

あたしのズルイとこを 見逃さないでいてほしいの

白く潰したかった くすんだ未来も アリバイも嘘も


さかさまの位置に あの青空が落ちてくるなら

あたしは誰よりも 飛んでいれるのに

しみったれたふたりを笑えるのに


Everyday

Like a sober little stone

輝ける明日が待つわけでもなく

Every way

綻んでく

褪せゆく光を ただ眺めてるだけ


掴まるのが厭で 自由人を気取っていたけど

誰の腕も取れず息絶えてくのは

怖かった

ひとりはいやだった


Everyday

Like a sober little stone

我が儘に振る舞う 夢の在処も

Every way

転げ落ちる

繋いだその手を 強く束ねるほど


このまま緩い日々を生き存え

ヤワな思い出浸り 笑うだろう

自由で満たされたlonely life

この骨を埋めてくれるのは

あなたじゃないなら 誰がいるだろう


Everyday

Like a sober little stone

輝ける明日が待つわけでもなく

Every way

Only passes vaguely days

繋いだその腕を束ねていても

Everyday

綻んでく

色褪せた石を ただ眺めているだけ

提供: うたまっぷ