歌詞

鉄の月

BLANKEY JET CITY

作詞
KENICHI ASAI
作曲
KENICHI ASAI

戦場へ行きたいアミアゲのブーツを履いて

革のサイフには恋人の写真

腕に入れ墨を入れて

知らない国の知らない誰かを殺すために

きっと僕はためらったりはしない

落葉を 踏んで 森の奥へと

狙いをつけて銃を撃ちまくる

来る日も来る日も僕はただ殺し続ける

信じられないだろう

こんな話

なんて小さな時からずっと変わらないままさ

もちろん世界中がしあわせになれればいいけど

どうやら僕達は増え過ぎた

激しい銃声の下で何か思う

誰かの悲鳴を聞いた時

何を感じる


きれいな眼をした女の人が僕の目の前で風に吹かれてる

そでなしのシャツに細くて白い腕

真っ黒な髪を風になびかせて

その白い顔に触れてみたいけど

僕の手はとてもけがれているから

きれいな眼をしたあなたでさえも

はかない季節の太陽に見える


戦場へ行きたいアミアゲのブーツを履いて革のサイフには恋人の写真

腕に入れ墨を入れて

知らない国のしらない誰かを殺す為にきっと僕はためらったりはしない

落葉を踏んで 森の 奥へと


きれいな眼をした 女の人が僕の目の前で 風に吹かれてる

そでなしのシャツに細くて白い腕

真っ黒な髪を風になびかせて

その白い顔に触れてみたいけど

僕の手はとてもけがれているから

きれいな眼をしたあなたでさえも

はかない季節の太陽に見える

提供: うたまっぷ