歌詞

あたりまえだと思ってるもの

sacra

作詞
木谷雅
作曲
木谷雅

言葉以外で君に伝えるための

術を探してた

ベランダで眠れぬ夜を過ごしてたんだよ


争うために僕ら生まれたわけじゃないと話してた

ため息は白く固まって夜空へ飛んでった


愛しすぎて苦しみも伴って

傍にいるよ これからは何時でも


あたりまえだと思ってるもの

大切にしたいと願うほど

もっとちゃんと向き合わなくちゃなぁ

粉雪が手のひらに舞い降りて

五秒後に形を消していく

僕らこんな温もりを持ってまた明日へと


合わせ鏡で僕に足りないものを

映し出しとくれ

素直な君の心に憧れてるから


「風邪ひくよ」と肩にかけてくれたセーターが

複雑に絡まる気持ちを解いてく


たったひとつの約束をしよう

微笑みだけは絶やさずにいよう

ずっとずっと年老いたってさ

思いやりという糸で縫われた

デコボコだけど確かな絆

やっと愛の輪郭にそっと今触れたよ


あたりまえだと思ってるもの

大切にしたいと願うほど

もっとちゃんと向き合わなくちゃなぁ

粉雪が手のひらに舞い降りて

五秒後に形を消していく

僕らこんな温もりを持ってまた明日ヘと


そしてまた明日へと

提供: うたまっぷ