歌詞

枯木灘 残照

都はるみ

作詞
道浦母都子
作曲
弦哲也

両手(もろて)にて君が冷(ひ)えたる頤(おとがい)を

包(つつ)みていしは冬の夕駅(ゆうえき)

君に妻(つま)われに夫(つま)ある現世(うつしよ)は

姫浜木綿(ひめはまゆう)の戦(そよ)ぐ明(あ)かるさ


歳月(とき)はながれて歳月(とき)はながれていまひとり

あゝ残照(ざんしょう)の枯木灘(かれきなだ)

ひたすらにあなたのもとに翔(か)けてゆく

煌(きらめ)きつづけよ光の凪(なぎ)よ


取り落とし床に割(わ)れたる鶏卵(けいらん)を

拭(ふ)きつつなぜか湧(わ)く涙あり

乳房(ちちふさ)の尖(さき)に点(とも)れる螢火(ほたるび)の

ほとほと紅(あか)しほとほとやわし

夢に疲れて夢に疲れて立ちつくす

あゝ残照(ざんしょう)の枯木灘(かれきなだ)

子午線(しごせん)を越えて吹き来る潮騒(しおさい)よ

夜のしじまにこの身も攫(さら)え

提供: うたまっぷ