歌詞

歓びの種

YUKI

作詞
YUKI
作曲
蔦谷好位置

逆さまに見てた 冷たい空 泣いて赤くなる 街を 見下ろした

風に流されて 体ゆだね 笑いとばす 意外にタフ

旅は続くんだ

青い首飾りを ほら あげるよ

毒入りのりんごを 食べてしまえば ステージの上から 落ちちゃうわ

結びなおしてね

見逃してしまう 歓びの種を 暖かい大地で 育てましょう

流されてしまう 力尽きてしまう

大きな何かに 動かされている

憧れの夢を 魔法の歌を 私は いつでも 観ていられるから

あの人を誘って どこへ行こう 未来を射す 明日へ渡す 手紙をかくよ

間違いだらけと 判っていても 2人は進んでいく

つまりそれは 恐れずに 幸せになる 切符を 手にしている

陽だまりのにおい 雨上がりの空

与えられたのなら 受けとめよう

しかられてみよう 愛されてみよう

心の底から 信じてみよう

少し照れて 笑う君が 見えるよ

陽は昇り 沈む 燃えて 茜色

命の音色に 耳を澄まして

実らせてみよう この歓びの種を

愛という 水を 注ぎましょう

陽だまりのにおい 雨上がりの空

与えられたのなら 受けとめよう

見逃してしまう 歓びの種を

暖かい大地で 育てましょう

提供: うたまっぷ