歌詞

Letter

Last Alliance

作詞
MATSUMURA
作曲
MATSUMURA

ざらついた空に鳴り響くリフレイン

「意味なんてあるの?」と削られる意思

そこで止まったままの

ペン先のにじんだ字見つめ

頬をつたう涙に気付く、、、


泣き叫んでいてもリフレインは鳴り止まない


憧れを思い浮かべ

破り捨てては書き直す

もうすでに指先に感覚はない

うつむく僕らはまだ忘れてはいない

だからブリキの義手あてがって

繰り返し書くのさ


ざらついた空に打ち込まれていたくさびを取り外して

一つずつ取り出す言葉をこの手紙に降らして

夜が明けてゆく音を机上の紙に鳴らして

僕らまだ見果てぬ思いを書き終えてはいないんだ


出口無くしさまよう僕ら

静止した森の中

そこには一本の木だけが揺れていた

拾うようにして手に取った

今にも枯れて舞い散りそうな言の葉

ポケットにしまい込み


もし迷いの森でまた願いを無くしてしまったなら

そのポケットの言の葉を


"その手紙に降らして"


僕ら今、すべき事は一つしか残ってないんだ

途中で止まったままの思いを書き続けるだけさ

提供: うたまっぷ