歌詞

夢想時代

Last Alliance

作詞
ANZAI
作曲
ANZAI

アクセル全開に踏み続けていた夢の中、

今は乾ききってしまった惰性だけが絡みつく

鱗雲の隙間には一瞬の光、

無邪気に戯れてたあの頃の光


鼻を突くのは風運ぶバニラの匂い

「バカ騒ぎ」が大切な時を刻んでた頃の美しい匂い

投げやりな態度で崩れ行く

ゆきずりの空気で壊れ行く…自分


もう一度手に取ろう明日を創り上げるボルトとナットを

過去を紡ぐか弱い糸を


叩いて砕いてへし折って泣いて希望という赤い空はドロドロに解けた

光射して投げ散らし裂いてもう誰も僕の心なんて見ちゃいないのさ


目を突き剌すようなとんがった赤と

鳥肌の立つような深い縁に包まれたい


打算だらけの時代の中で消えてゆく淡い夢

せめて愛をとめない事だけと…


キリキリ車輪をきしませ泣き走る無防備な列車よ何処へ行く?

右向け右の自転を繰り返す地球に欲情の花は何処に咲く?

叩いて砕いてへし折って泣いて希望という赤い空はドロドロに解けた


どんな場所で踊らされても僕の心はいつも刃を剥いている

提供: うたまっぷ