歌詞

ソリチュード

Last Alliance

作詞
ANZAI
作曲
ANZAI

大地を揺らし向かい風に逆らって

意気揚々と星空を仰ぐ


愚行だらけの醜態に嫌気さして

いつだってそのまなざしは射るようで

むき出しの心にやり場の無い悲しみをひそめ


明日もし晴れたらあの列車に乗っかって

誰もいない所へ行ってしまいたいな…


真夜中の覚醒が降りてきた

妄想、真実、伝えに降りてきた

抑えの効かない過食気味の僕の自律神経にナイフ突き剌す


涙の砂漠に溺れ夢の中の君に会ったって

そんなもんなんて所詮独りよがりのセンチメント

輝く宝石よりも空に煌めく星をくれ

木漏れ日に映る小さな優しさをくれ


明日晴れのち曇り あの列車乗って行くつもり

地図にはない場所へ…無防備にさらされた裸の心を温める為に


叫び続けた願いが風に消えて届かなくたって

そんなくらいじゃ消えるはずも無い僕の情熱線

輝く宝石よりも空に煌めく星をくれ

木漏れ日に映る小さな優しさをくれ

温められた心はきっと君を見つけ出せる

提供: うたまっぷ