歌詞

EQUAL REASON

Last Alliance

作詞
MATSUMURA
作曲
MATSUMURA

気づけばいつもの迷うはずの無い帰り道 初めてみるような景色を過ぎ

空の青に黒が混じり絶え間なく広がっていた

多分逃げてきたのだろう 無意味な地をどれくらい歩いたろう

目の前にある全てに対し違和感と不信感を抱き 立ち尽くして


見失っていた一つの僕への根拠を 思い出してここから抜け出そう

もう振り向かない誰かにすがる様な 無様な逃げ道は選びたくないんだ


投げやりな消耗品にさえ心惑わされ たやすく踏み外しそうになっていた僕が

夜明けが訪れても持ち続けていた疑問は

捨てるものなんて対して無いのに 規則正しく並ぶ小石持って

越えてきた坂を見てるだけ? 通ってきた道を忘れたくないだけ?


つなぎ止めるのは僕の未知への恐怖心 断ち切って弱さを知ればいい

すぐに届かずに鳴り響いたとしても 歌い続けようと僕は誓ったんだ


荒地を裂いてどこまでも続く灰色の夜明け 今は僕ら陽が西へ傾く時を待って


見失っていた一つの僕への根拠を 思い出してここから抜け出そう

もう振り向かない誰かにすがる様な 無様な逃げ道は選びたくないんだ

提供: うたまっぷ