歌詞

アジアの片隅で

吉田拓郎

作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎

ひと晩たてば 政治家の首がすげかわり

子分共は慌てふためくだろう

闇で動いた金を 新聞は書きたてるだろう

ひと晩たてば 国境を戦火が燃えつくし

子供達を飢えが襲うだろう

むき出しのあばら骨は 戦争を憎みつづけるだろう

アジアの片隅で 狂い酒飲みほせば

アジアの片隅で このままずっと

生きていくのかと思うのだか


ひと晩たてば 街並は汚れ続けるだろう

車は人を轢き続けるだろう

退屈な仕事は 野性の魂を老けさせるだろう

ひと晩たてば チャンピオンはリングに転がり

セールスマンは道路に坐りこむだろう

年寄りと放浪者は 乾杯の朝を迎えないだろう

アジアの片隅で 狂い酒飲みほせば

アジアの片隅で このままずっと

生きていくのかと思うのだが


ひと晩たてば 秘密の恋があばかれて

女たちは噂の鳥を放つだろう

古いアパートの部屋で 幸せな恋も実るだろう

ひと晩たてば 頭に彫った誓いがくずれ落ちて

暮らしの荒野が待ち受けるだろう

甘ったれた子供達は 権利ばかり主張するだろう

アジアの片隅で 狂い酒飲みほせば

アジアの片隅で このままずっと

生きていくのかと思うのだが


ひと晩たてば 働いて働きづくめの男が

借りた金にほろぼされるだろう

それでも男は 政治などをあてにしないだろう

ひと晩たてば 女まがいの唄があふれだして

やさしさがたたき売られる事だろう

悩む者と飢えた者は 両手で耳をふさぐだろう

アジアの片隅で お前もおれもこのままずっと

アジアの片隅で このままずっと生きていくのかと

アジアの片隅で

アジアの片隅で

アジアの片隅で

ああ アジアの片隅で 俺もおまえも

……

提供: うたまっぷ