歌詞

ともだち

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

やるせない 思いを胸に

友だちは 去りました

今日という 日のくることは

さけられぬ ことだったのでしょう


友だちは 遥かな旅路に

今いちど たたないかと

手をとって ふるえる声で

言ったけど あきらめたのでしょう


果てしなく 広がる夢と

自由とが ほしかった

あてのない 長い道でも

何かしら 信じてたのでしょう


今日の日は 私にとっては

届かない 彼でした

ふりかえる ことすら忘れて

友だちが こわかったのでしょう


汽車に乗る 後姿が

友だちを 語ってた

いくたびか こみあげてくる

悲しみも こらえてたのでしょう


傷つける ことはしたくない

優しさがわかりすぎて

バカヤロウ って言ってほしかった

それだけを 言い忘れたのでしょう

提供: うたまっぷ