歌詞

我が良き友よ

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

下駄をならして奴がくる 腰に手ぬぐいぶらさげて

学生服にしみこんだ 男の臭いがやってくる

アー夢よ よき友よ おまえ今頃どの空の下で

俺とおんなじあの星みつめて何想う


可愛いあの娘に声かけられて 頬をそめてたうぶな奴

語り明かせば下宿屋の おばさん酒持ってやってくる

アー恋よ よき友よ 俺は今でもこの町に住んで

女房、子供に手を焼きながらも生きている


男らしさと人が言う おまえの顔が目に浮かぶ

力ずくだと言いながら 女郎屋通いを自慢する

アー夢よ よき友よ 時の流れをうらむじゃないぞ

男らしいはやさしいことだと言ってくれ


家庭教師のガラじゃない 金のためだと言いながら

子供相手に人の道 人生などを説く男

アー夢よ よき友よ 便りしたため探してみたけど

暑中見舞が返ってきたのは秋だった


古き時代と人が言う 今も昔と俺は言う

バンカラなどと口走る 古き言葉を悔みつつ

アー友と よき酒を 時を憂いて飲みあかしたい

今も昔もこの酒つげば心地よし


学生達が通りゆく あいつ程ではないにしろ

まじめなのさと言いたげに 肩で風切って飛んでゆく

アー友よ よき奴よ 今の暮らしにあきたら二人で

夢をかかえて旅でもしないかあの頃へ

提供: うたまっぷ