歌詞

STAND

水樹奈々

作詞
矢吹俊郎
作曲
矢吹俊郎

あの頃の君はいつも 僕の味方だったね

倒れかけた時でも 夢を語らせたよね


静かに時を過ごして 君は微笑んだから

いつまでも続かないと 忘れる様な日々


全部受け止め 続けて行くことなど

お互いできないと 気付けばぎこちなくなるよね


恋人達はいつの日か 離ればなれになるなんて

疑うこともしないで 見つめ合ってうなずいてた


今頃君のそばには 知らない誰かがいて

寄り添うように二人で 歩いているんだよね


新しい道を見つけて 僕も歩けるのかな

今はまだ進めなくて 空白の様な日々


おくびょうになって 迷ってばかりいると

君には追いつけず 離れた意味はなくなるよね


素敵な想いやりとかで やがて二人に忍び寄る

不安と哀しみの影を 打ち消せたならよかったね


恋人達はいつまでも 歩いて行けると思った

ふざけてそしてじゃれあって 手をつないでた


戻ることはできなくて 経験だけが残ること

知らずにはしゃいでいた頃 僕だけが懐かしく思う


君のそばにいられずに…

提供: うたまっぷ