歌詞

雪簾

神野美伽

作詞
荒木とよひさ
作曲
岡千秋

赤ちょうちんが…

雪にちらちら ゆれている

ここは花園 裏通り

ひとりぼっちで 飲む酒は

遠い昔と かくれんぼ

今じゃ帰れぬ 故郷(ふるさと)が

胸のすき間で 見え隠れ


夢という奴ぁよ…

とうの昔に 捨てたけど

忘れられない 国訛(なま)り

こんな姿を おふくろが

生きていたなら 何歳(いくつ)やら

酔えば涙に なるものを

詫びる心に 積(つも)る雪


根無し草にもよ…

好いて好かれた 女(ひと)がいた

畳ひと間の あの暮し

酒よ俺にも いいことが

ひとつふたつは あったけど

肩を細める 陸橋(ガード)下

春はいつ来る 雪簾(ゆきすだれ)

提供: うたまっぷ