歌詞

ほほほ

ORANGE RANGE

作詞
ORANGE RANGE
作曲
ORANGE RANGE

町の雑踏から離れ公園へ 飯を食った後はやっぱりお昼寝

音止めたヘッドフォンから 子供達の笑い声と道路工事の騒音が

ごちゃまぜになって遠くから 耳をかすめて夢の中でも聴こえる

携帯は家でお留守番 陰が逃げるまであの木の下で


あー暖かいな木漏れ日が 僕を包み話しかける

風の音色 風の匂い すべてを感じてる

あと少し もう少し 目を閉じてよう


ゆっくりと時は流れやがて夕暮れへ ぐっすりと眠れるよう

迫る夜に怯えないで 今大きく翼を広げんだ まだ限界じゃねえんだ

って力込めて でかい声で 目指す方へ

転げ落ちようがまた飛べる 風や木々たちから確かな

力もらったんだ 優しさに包まれて


頭からつま先までが全て忘れ ただ笑う 名前も無いLaLaこの歌

空へと響いてゆく 口笛を吹きながら


離ればなれの木々たちが 陰をのばし手をつなぐ

泥だらけの子 6時の鐘 夕日が沈んで行く

そろそろ帰ろう おなかが鳴る


夜の海岸通りはこんなにも違う 言葉で表せられない良さがある

月明かりが海に浮かび 鮮明に僕の目に映る

「また明日」って僕に言ったような気がした・・・・

提供: うたまっぷ