歌詞

逢いたいから

古内東子

作詞
TOKO FURUUCHI
作曲
TOKO FURUUCHI

ドアの向こう寒そうに君が立ってる

こんな夜中に買物袋を抱えて

「幸せすぎて眠る時間も惜しい。」

なんてふざけながら

誰かを愛する強さにあふれて


彼の事を話す君が立つキッチン

聞いているのは僕でなくてもいいみたい

慣れた手付きの君の料理は

暖かくて懐かしくて

だから余計に僕を傷つけるよ


お願い

恋をしてきれいになってく君を見ているのは

辛いからもうここには来ないで

言えないよそれでも逢いたいから


君が彼と喧嘩をして泣いてた時

僕はすかさず君の味方をしたけれど

君は笑って「いいのよ。」なんて

僕だったら僕だったら

君を君を悲しませたりしない


お願い

恋をしてきれいになってく君を見ているのは

辛いからもうここには来ないで

言えないよ逢いたいから

もう目もみられないよ

君のその瞳に映ってる僕の顔が

やさしく笑うたび悲しすぎて


ああ

今この瞬間を

君といることは決して嘘じゃないのに

ああ

何も変わらない 何も届かない

きっとこれからも


恋をしてきれいになってく君を見ているのは

つらいからもうここには来ないで

言えないよ逢いたいから

もう目もみられないよ

君のその瞳に映ってる僕の顔が

やさしく笑うたび悲しすぎて

提供: うたまっぷ