歌詞

キッスの手前

古内東子

作詞
TOKO FURUUCHI
作曲
TOKO FURUUCHI

風が少し半袖に冷たい夜

いつものように軽くただ手を振って

「おやすみ。」って言った後 3秒間

黙ったままで見つめあうだけ

この繰り返しで ムードもないのね

あなただからこそ打ち明けてる秘密

その意味わかって


どうしたら特別になれるの?

誰かを重ねて見ないで

こんなに想ってるのにあなたがわからない

どうしたら特別になれるの?

どれだけわかりあっても

キッスの手前でいつも誰かの影を見てるのね


「情けないけど 何だか淋しくて。」と

夜中にあなたは電話のベル鳴らした

うれしかった 心から愛しかった

でもわかったの あなたにとって

そばにいる人は 私じゃなくても

きっと大丈夫 気づきたくなかった、夢見てたかった


どうしたら特別になれるの?

誰かを重ねて見ないで

こんなに想ってるのにあなたがわからない

どうしたら特別になれるの?

どれだけわかりあっても

キッスの手前でいつも誰かの影を見てるのね

提供: うたまっぷ