歌詞

Peach Melba

古内東子

作詞
TOKO FURUUCHI
作曲
TOKO FURUUCHI

二人を見ているともう何も言えないけど

好きよ 大好きよ 心から

きっと彼女より


きまって彼女が去ったあとは甘い香りがしてた

あれはピーチメルバ

小さな手のひらからあふれる柔らかな優しさに

あなたも惹かれたの?

ほんとはね

ちょっと側にいるだけで胸がつぶれそうだった

いつもと同じように笑えない

祈ってる 二人のため幸せを

そんなこと嘘だもの

彼女と出会う前に帰りたい


四月の春風にとけていくピーチメルバ

どうしてこの心こんなにもみだしてゆくの

二人を見ているともう何も言えないけど

好きよ 大好きよ 心から

きっと彼女より


あなたと過ごしてきた時間や

思い出の数ならば誰にも負けないのに

ほんとはね

ゆうべ約束していた電話が来ていたなら

今度は打ち明けるはずだった

祈ってた 二人が壊れるように

そんな自分が悲しい

きっと誰も悪くはないのに


四月の春風にとけてゆくピーチメルバ

どうしてこの心こんなにもみだしてゆくの

二人を見ているともう何も言えないけど

好きよ 大好きよ 心から

きっと彼女より

提供: うたまっぷ