歌詞

はやくいそいで

古内東子

作詞
TOKO FURUUCHI
作曲
TOKO FURUUCHI

「こんなに苦しいなら

一人でいたほうがどんなに気楽かしら。」

私の投げつけた言葉はあなたを元には戻さなかった


重なってゆく逢えない夜が

私をこんなにわがままにしたの


はやくいそいでつかまえなきゃ

去っていってしまうから

頬をつたう涙の粒がテーブルを濡らす前に

ずっと大事にしてたものが

目の前から消えてくよ

今止めなきゃ もう逢えないのに


呼吸が出来ないほど人を好きになると

自分がどうなるのか わかったの

適当に楽しかった今までの恋とは

比べものにならないくらい


どんどん欲張りになってゆくから

自分でブレーキ掛けるしかなかった


はやくいそいでつかまえなきゃ

去っていってしまうから

頬をつたう涙の粒がテーブルを濡らす前に

ずっと大事にしてたものが

目の前から消えてくよ

今止めなきゃ もう逢えない


私一人じゃ幸せになんかなれない

わかってるなら ねぇ

席を立って 追いかけて

提供: うたまっぷ