歌詞

la musique

大貫妙子

作詞
大貫妙子
作曲
大貫妙子

通りの名はSabot

小さなアパート

油絵の具の匂い


世紀末のParis

冬枯れの街で

ひとり暮らしていたの


音のカケラを

わたしは探してたの

メトロの中はさしずめ

小さなtheatre


それよりセーヌの岸辺を散歩しよう

それも音楽


雨つぶとshall we dance?

赤い靴履いて

ともだちに会いに行こう


カフェにすわってた

退屈を気取るsnob

素敵な人はいつでも

ひまがない


見た目は古いピアノでも鳴らしてみよう

それが音楽

提供: うたまっぷ