歌詞

蜃気楼の夏

下地勇

作詞
下地勇
作曲
下地勇

そろそろ君が口にする 眩しい季節がそこまで来てる

光る雲の上飛びこえて あの南の島へ行こう

まだまだ君は気づかない 助手席をとび出して歩き出せば

モクマオウのアーチくぐって エメラルドの渚に出る


焼けた砂にサンダルを無邪気に隠して

このまま二人だけの夜を待ちきれないように


濁り一つない空に祈る このまま時間を止めて

蜃気楼を追いつづけたい 夏の幻だとしても


至近距離で瞳見つめ合う瞬間に

知らないうち 愛のスイッチ入ったように口づけ交わした

蜃気楼の夏


360度 見渡す限り 波のサラウンド

まるでこの世に 二人だけのサンドアイランド


こんなに透き通った気持ちで恋に落ちる

夏の南の島の魔力にとりつかれてしまいそう


遠く離れて独りきり うつむいて周りだけ気にしてた

南風に包まれた島で 笑顔の君に出逢うまでは

素敵な君に出逢うまでは

このまま君を抱いていたい


蜃気楼の夏

提供: うたまっぷ