歌詞

夢のかけら

ゲントウキ

作詞
田中潤
作曲
田中潤

君の横顔が月に照らされて

消えないようにと見つめているのさ


微笑みかけても君は知らんふり

ただそこにいるだけで時が過ぎてゆく


夢のかけらを握りしめて僕らは立ち尽くす

とても強がりで 飲み込んだ言葉に嘘はないのに


捨てたはずの昨日が眩しく見えたなら

君の涙にも答えられるかな


世界中の過ちが 幾千の喜びが

広がる夜空に思いをはせてみよう


星のかけらを握りしめて 僕らはまた急ぐ

暗闇を照らし 歩いてゆくおかしな二人でいよう


君が傍にいること 今すぐに確かめたいから

耳を塞いで目を閉じて 寄り添うよ

これなら もうなにもいらない


夢のかけらを握りしめて僕らは立ち尽くす

とても強がりで 飲み込んだ言葉に嘘はないのに


星のかけらを握りしめて 僕らはまた急ぐ

暗闇を照らし 歩いてゆくおかしな二人でいよう


夢のかけらを…


君の横顔が月に照らされて

消えないようにと見つめているのさ

提供: うたまっぷ