歌詞

clover

hiro

作詞
Emi Nishida
作曲
Hiroyuki Sekiyama

いたずらな微笑みで夢中にさせたいの

まっすぐなキミの瞳(め)にワタシを映してね


優しいだけでは 何か足りないの

誰にも見せない 心の奥に そっと触れたい


やわらかな陽射し浴びて

夢を奏でるクローバー 風に願いを乗せて

蒼い空の向こうへ 希望の光探すの

ずっとそばにいたいから


夕映えに染まる道 遠まわりしながら

目覚めてく星たちを ふたりで数えるの


つないだその手を 離さないでいて

見つめる横顔 月の波間に 満ちてく想い


永遠を感じた日の

透き通るこの気持ちは キミに届いてるかな?

銀のしずくの流星 彩る夏の夜空に

ときめきを隠して


遥か彼方で ずっと前から 運命で結ばれた約束が

光に照らされ 導かれるように

宇宙(そら)の果て 遠く 時を越えて 今 たどりつく


やわらかな陽射し浴びて

夢を奏でるクローバー 風に願いを乗せて

蒼い空の向こうへ 希望の光探すの

ずっとそばにいたいから


永遠を感じた日の

透き通るこの気持ちは キミに届いてるかな?

銀のしずくの流星 彩る夏の夜空に

ときめきを隠して

提供: うたまっぷ