歌詞

追憶

竹井詩織里

作詞
竹井詩織里
作曲
後藤康二

窓の外は今日も同じ

軋むレール、ゆるいリズム

海が線路に近づき 雲から

日が射し 空とぼやける


ユラリ揺れ 触れた指

離さぬように 強く握った

変わっていく季節に 途方に暮れて


君の口からもっと聞かせて好きなんだと

口癖みたいせがんだ その言葉のかけら 心で光る

今はどうしているのか 知りもしないけれど

どんな恋をしても ふいに君を思うだろう


フワリ揺れ 切なくて

離れるように その手を振った

変わっていく季節は ただ流されて


二人通った店はあの日のすがたのまま

こぼした愚痴にも応えてくれた君 どこにもいないけど

時々おかしいほど 鮮やかな幻で

どんな恋をしても ふいに君を思うだろう

窓の外は明日も同じ 景色見えるだろう

提供: うたまっぷ