歌詞

DEAD SET

angela

作詞
atsuko
作曲
atsuko/KATSU

目の前に広がってる この世界信じて

同じ様で 同じでない日常はジオラマ

疑うこと知った時に 自分の足で立った気がした

進むことに理由なんてない 今はただ行かなくちゃ


嗚呼 迷って 揺れ動いて 抱きしめた夢は途中


加速した 残酷な現実は

どんな風に僕を壊してくんだろう

計り知れない不安を 脱ぎ捨てた身体一つ

脳裏には 残像がちらつくdaylight

どんな風に僕は笑っているんだろう

せめて生きて 守るべき者に愛を届ける為に


退屈で平坦な幸せに身を置いて

覚醒してく行き場のない孤独に 怯えてる


嗚呼 辿って 生まれ持った 記憶は変えられない


感情に翻弄されるがままだった

そんな僕が大人になる瞬間

失いたくないと思える 温もりに気付いた時

誰よりも強く在りたかった

真っ青に澄みきった空に誓おう

せめて生きて 守るべき者に愛を届ける為に


無くなっても 砕け散っても

記憶として残るのなら

僕は思う 僕は走る

愛を預け受け継ぐ者 繋がっている見えない糸で

無限に


加速した 残酷な現実は

どんな風に僕を壊してくんだろう

計り知れない不安を 脱ぎ捨てた身体一つ

脳裏には 残像がちらつくdaylight

どんな風に僕は笑っているんだろう

せめて生きて 守るべき者に愛を届ける為に

提供: うたまっぷ