歌詞

願いを星の夜へ....

田原俊彦

作詞
山口由子
作曲
崎谷健次郎

消えそうな火をそっと吹く風からかばうように

煙草に近づけた

夜が降りてくる窓の外

飲みかけの缶ビールロにするたび苦くなる

想えば思う程きつくなる胸がさけんでる

会いたい君に...


伝え伝えたくて 言葉に雨

信じている それでも

明日明日君は僕のものだけと

願いを星の夜へ....


手のひらを重ねたね昨日確かに僕達は

冷えたその指先

温めてあげたいそう思った

月あかり歩いたね君の髪が風に揺れて

僕の肩にもたれ

いっそ抱きしめたいそう感じた

会いたい君に...


叶え叶えたくて 心に雨

届かせたい 今すぐ

もしももしも君が壊れそうな時

僕が守ってあげる....


伝え伝えたくて 言葉に雨

信じている それでも

明日明日君は僕のものだけと

願いを星の夜へ....

叶え叶えたくて 心に雨

届かせたい 今すぐ

もしももしも君が壊れそうな時

僕が守ってあげる....

提供: うたまっぷ