歌詞

ありあまる地上の憂鬱とよろこび

19

作詞
イワセケイゴ
作曲
イワセケイゴ

さあこのまま 何もかもをなくしていて 笑ってみた

それぞれに悲しみも想いやりも「それくらいは」って流されて

いつか 見てゆけそう? この先もっと「求めるべきの‥」へと

未来は 咲かせてみつけて 地図はなくしたけど


今日よ凍えだす事にもうあきました

だけどそこで 思った


いつか 僕らにもなく 僕らにモラル

トビラの外 苦しめてゆく

そこにたった 1つだけでいい

影をなくして


夕方をいそぐ空にも頼りそうに色深めて

幸せなく正しさの意味さえもにごり この世界は耐えられず


僕は生きています それだけ持って 何も迷わず進んでゆく

邪魔はしないでいて キズは隠したけど

ノート はしり書きの上のあとを たどる人

人をそっと包んで


時が いずれくれば 片付くのでしょう

せつなさ すぎゆく 昨日より

口ずさむ 君の歌を つなぐ声にこめて


いつか つぐなうこと 届かず 終わり

それでも きっと きつく 抱いてゆき

僕はまだ生きてゆけます

もう心配しないで。

提供: うたまっぷ