歌詞

街灯

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

遠回りの今日の午後はいつもと変わらずに

時計の音に押されて僕は今日も動き出すんだ


一瞬の雲の切れ間から光が覗けば

続くあの坂道が案外近くに見えた


時々寒く感じる風が吹きつける

振り返るうしろがやたら遠く見えた


雨が急に降り出した 通り雨だと誰かが言った

遠く遠く見えない明日を待ち続けて


ひび割れた街灯のあかりがこの雨のしずく

照らし出すその前にこの感情洗い流しておくれ


足元にごった水たまり映った僕の顔

役立たずの歪んだ顔そこに映ってた


雨の中歩き出した 傘もささず雨粒に打たれた

今は今は僕は前にだけ進もうと思った


雨が急に降り出した 通り雨だと誰かが言った

遠く遠く見えない明日を待ち

深く深く沈みいく昨日を背にして

提供: うたまっぷ