歌詞

フジファブリック

作詞
志村正彦
作曲
志村正彦

どうしたものか 部屋の窓ごしに

つぼみ開こうか迷う花 見ていた


かばんの中は無限に広がって

何処にでも行ける そんな気がしていた


花のように儚くて色褪せてゆく

君を初めて見た日のことも


月と入れ替わり 沈みゆく夕日に

遠吠えの犬の その意味は無かった


花のように儚くて色褪せてゆく

君の笑顔を見た日のことも

提供: うたまっぷ