歌詞

aurora

Do As Infinity

作詞
川村サイコ
作曲
D・A・I

流れ着いた古い木

拾い集めて燃やす

何も見えない夜の

砂浜


ここから旅立ってた

若輩者の数だけ

誰かが積み上げてた

石山


酒を交わして

笑いあい それぞれの

星を探していた空


6月は夏を待つ静けさ

東へと南へと目指して

足跡を消してゆく引き潮

何一つ怖くない

夜明け前は


遠い遠い昔に

確かここに立ってた

皺だらけの指先

見つめて


傍らに置いてみた

黒い山高帽は

長い旅共にした

友達


種火消さずに

守りたい 渡したい

次の希望が来るまで


沢山の輝いた花火で

旅一座最終幕(フィナーレ)を迎える

捕まえた夢は何故 何度も

両手から 砂みたいに

零れ落ちる


酒を交わして

笑いあい それぞれの

星を探していた空


6月は夏を待つ静けさ

東へと南へと目指して


足跡を消してゆく引き潮

何一つ怖くない

僕等は


沢山の輝いた花火で

旅一座最終幕(フィナーレ)を迎える

捕まえた夢は何故 何度も

消えてゆく 逃げてゆく

夜明け前は

提供: うたまっぷ