歌詞

風のララバイ

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗/御徒町凧

長距離バスで君の眠る町へ

安物買いのスニーカー履いて

真夜中過ぎのファミレスに色めく

星占いも当てにしちゃいないよ


偶然の一致 必然は不一致

風に踊るフリスビーが輝きの中へ世界を誘う


澄まし顔の風のララバイ

通り過がる人波 今やり過ごしている所だよ

風に乗せた愛の言葉

誰のせいでもないよ 雲は流れる


窮屈すぎる世代に蔓延るテーゼ

夢でも見なきゃやってられないよ


ダーウィンみたいに強引に拓いた

真新しい非常識が喧噪の中で燻っている


宇宙に消えたアンドロメダ

歴史は不条理の寓話

でも君と過ごした日は風光明媚

胸に残る風のララバイ

もうすぐテーマは終わる 何も残さず


澄まし顔の風のララバイ

通り過がる人波 今やり過ごしている所だよ

風に乗せた愛の言葉

そして途方に暮れる 僕は一人で

今は一人で

提供: うたまっぷ