歌詞

孤独な空

hitomi

作詞
hitomi
作曲
Kunio Tago

夕日が影を落とし 遠くの空を彩る

君はどこにいるんだろうって ふっと考えているよ


たくさんの人々の中で涙はひとしれず


まだ孤独だけがそっと付きまとってしまうのなら

今話しをしようよ 心に滲んでく月あかりの下で

そっと ただ肩をよせて


どんな矛盾があっても それを受けいれる笑顔で

そんな強さを君にはずっと感じてたから


憧れよりも切なく 痛みにも似てるね


今日がどんな未来に期待して街はいきいそぐケド

ただ君の背中を見つめていたいヨ

あの空のように これが今は永遠じゃなくても


まだ例えようがない あの空みたいに心は変わる

だから君を想って 心にひとすじの光をもって

そっとただ照らしていよう そしてまた歩いていこう

提供: うたまっぷ