歌詞

アロー

GOING UNDER GROUND

作詞
松本素生/河野丈洋
作曲
松本素生/河野丈洋

戸惑う君をモチーフに桜の記憶で塗るよ

出会った頃の匂いがしてる

涙はカケラになった それでも僕は歌うよ

優しい気持ちになれた4月


いつだって泣き虫で困らせるだけどなんか

何回も何度でもつないじゃうんです


夕暮れはこころにわずかな明りを灯す

なくした分はジョークでうめた

さよならなんて言うなよ僕等はいつも一緒だよ

いつもと違って見えた景色


きっと僕の住むこの街は夕暮れでできているよ

きっと恋は軽く時をこえる願えばいつも


切ないリズム果てない夢をのせて走った 風をあつめて

切ないリズム忘れそうでも やはり世界は続いていくよ


例えば都会の夜をさまよう二匹のウサギ

焼けつく地ベタで少しこげた


さよならなんて言うなよ僕等はいつも一緒だよ

いつもと違って見えた景色


きっと僕の住むこの街は夕暮れでできているよ

きっといつかまた会いましょう 願うよいつも


切ないリズム果てない夢をのせて走った 風をあつめて

切ないリズム忘れそうでも やはり世界は続いていくよ

提供: うたまっぷ