歌詞

雨の樹

GOING UNDER GROUND

作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋

窓の曇りは訪れた冬の吐息

こぼれた朝の水模様

ぼやけた街のかたちと音が遠い


外は逃がした溜息で鈍く光る

水の煙は僕のことを

思いが交わる街並に連れてく


雨はまた途切れて

匂いだけが降る

虹は遠いところ

降り出す涙は僕のもとへ


数えきれないほど見えた色の粒も

いつか薄れて 雨のことを

思い出さずには もういられなかった


思いが交わる街並が揺れてる


雨はまた途切れて

匂いだけが降る

虹は遠いところ

降り出す涙は僕のもとへ


あなたの涙は僕のもとへ

提供: うたまっぷ