歌詞

朝陽の中で-Album Version-

池田綾子

作詞
池田綾子
作曲
池田綾子

舞い散る雨の音 夜明けの一雫

恋が終わる 夢を見た

静かすぎて痛い 部屋の中に響く

笑いあった 日々の声


遠く揺れる景色に映る

求めあったあの日の未来


もう一度 声が聞きたいよ

もう二度と逢えない触れないあなたの


いつの間に溢れ出す

涙こぼれ落ちる

こんなにも強く


やがて雨は止んで 眩しく光る朝

濡れた頬を 照らしていた


道は二つになって続く

きっとこの恋を越えていく だけど


もう一度 声が聞きたくて

もう二度と逢えないあなたを想うよ


蘇る記憶のかけらは

消せないけど

歩き始める 今


この空も風も太陽も

いつだって優しく見守っているから

いつの日か思い出に変わるその時まで

移りゆく想い抱きしめて

提供: うたまっぷ