歌詞

Silver moon

池田綾子

作詞
池田綾子
作曲
池田綾子

夕方6時半電車は凄い密度

人の疲れや 一日のため息で

ドアが開きホームは足音で埋まる

働き蟻みたいに 足早に散った


この痛みはなんだろう

この空しさはなんだろう

改札抜けて 新鮮な風

思わず口ずさんだ あの曲


逢いたくなった 唇かんだ 昂まる夜の気配

息を殺した獣のように 月を睨んだ 人恋しくて


この街中に人は溢れるほどいるのに

誰かが転んだ その側を通り過ぎていく


触れたら切れそうだよ

目と目で微笑みあいたいよ

渋滞の群れ 低い空に風

赤い光がなぜか怖かった


君に逢いたい 願いのように 心が乱れてゆく

一秒ごとに 夢追うように 繰り返してる


「君に逢いたい」

逢いたくなった 唇かんだ 昂まる夜の気配

息を殺した獣のように 月を睨んだ 人恋しくて

提供: うたまっぷ