歌詞

ハイビスカス

D-51

作詞
吉田安英
作曲
IKUMA

空の下 恋をして 走り出す

君の家まで ハイビスカスの花が 赤く燃える


急なクラクション 僕を外へと誘ってる 友達の車の中

初めて見る君に サングラスの奥の 僕の目は泳いでた


人数が足りなくて 呼ばれただけでも 神様に感謝しよう


太陽の下 名前さえ わからずに

胸が躍るよ 君は夏の女神さ

空の下 恋をして 始まった 僕だけの夏

ハイビスカスの花が 風に揺れる


ずっとこんな暑い季節は部屋の中 ダラダラ過ごしてた

冷えた缶ジュースと流行の映画さえ あれば満足してた


でも君と出会った日からは こうしちゃいられない気がしたよ


太陽の下 どうしても 会いたくて

部屋飛び出した 暑く眩しい夏へ

空の下 恋をして 走り出す 君の家まで

ハイビスカスの花が 赤く燃える


どこにでもいるよなふつうの男 人一倍まじめで趣味はパソコン

恋をしたあの娘に気持ち伝えるため 走り出せ 愛しいひとの家まで

真っ黒けになっていくよ お肌ヒリヒリ あの子へと焦がれてく 心日に日に

ハイビスカスの花言葉 新しい恋に向かってゆけ

見事にあの娘の心へと 花火打ち上げにゆけ


太陽の下 どうしても 会いたくて

部屋飛び出した 暑く眩しい夏へ

空の下 恋をして 走り出す 君の家まで

ハイビスカスの花が 赤く燃えて

彩ったこの夏よ 終わらないで もっと僕の胸 熱くさせて

君の笑顔 会いたくて 会いたくて 息切らし走る

ハイビスカスの花が 恋に揺れる

提供: うたまっぷ