歌詞

あの街が見える丘で~雲バージョン~

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗/御徒町凧

どうせいつかは土に還ると

出鱈目(でたらめ)ばかりの人間様が宣(のたま)った

塞(ふさ)ぎ込んだこの目が零れ落ちた


どうにもこうにもならないことが

まるで秋深い日の果樹園の葡萄のようになっている

紫色の粒があなたにも見えるなら


あの街が見える丘で

僕は大きな旗を振っているよ

天国まで続く道を探すため


しがみついても振り落とされた

狂おしいほど他人(ひと)の泣き声が耳に付いて

素敵と言われる絵画さえも目障りだ


タ日が海に沈んだ日 僕の傍らで

あなたの涙が洪積世(こうせきせい)の化石になってしまったんだ

行き場のない思いやりが羽をつけたから


あの街が見える丘で

僕は小さな声で泣いているよ

天国まで響く鈴を鳴らすため


いつになっても変わらないことを

触角をなくした一文字■蝶(いちもんじせせり)のように捜し回っている

真理と呼ばれる決まりきったシナリオを笠(かさ)に着て


回り続ける方位磁石の針を指で止めて

澄み渡る空へ途方もなく歩き続けるとしよう

束の間だとしてもあなたの未来がそこにあればいい


あの街が見える丘で

僕はのどかな日々を謳(うた)っているよ

天国さえ霞む風を浴びるため


いくつもの眠れぬ夜を抱え 僕は行くのだろう

喜びと言い換えられるような悲しみを轍(わだち)に残し

名もなき花はやがて 枯れ果てた


そうそう、過ちはいつの日も繰り返される物だから

傷付いた心でも生きられるだけ生きてみようと思う

そんな決意が蓄積し 黄昏になるのだろう


あの街が見える丘で

僕は静かな歌を聴いているよ

天国へと宛てた手紙を出すため

提供: うたまっぷ