歌詞

星屑のセレナーデ

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗

暗転のステージに差し込んだ一筋のライト

気まぐれな天使が目の前に舞い降りた

まさに電光石火 恋のキラメキ 空前絶後 胸のトキメキ

二進(にっち)も三進(さっち)もどうにも止まらない

神様が仕組んだ巡り合わせ ハッピーエンドは何処吹く風

幸せのドアを弄(まさぐ)る物語


恋愛のレシピに不可能という文字はなし

が、現実とイメージは程遠く空回り

駆けずり回って骨折り損の 息咳切らして草臥(くたび)れ儲け

寝ても覚めてもあなたに夢中

嗚呼 風は何処から吹いて何処へ行くのか 行きつく先に何が待つのか

恋の悩みに理由はあるのか


闇夜の帳(とばり) あなたに捧げる 恋しい想いを

声高らかに 静寂の空に唄う 今宵朝まで

星屑のセレナーデ


哀愁のバラードは絶え間なく夜空に響く

切なさがつのれば 星達は輝きを増す


そう それはしがない一人の冒険者が

地図にはない道を彷徨(さまよ)うよな 一方通行 八方塞(ふさ)がり

神様が与えた試練の道 自らに課された苦悶(くもん)の日々

どう転んでも後悔はしないから


月夜の明かり あなたを浮かべて 唄い続けても

このわだかまり とめどなく胸を襲う 今宵朝まで

星屑のセレナーデ


頬づえついて 奏でるセレナーデ

儚さ故に 星屑のように

輝き放ち流れゆくのか

闇夜の帳(とばり) あなたに捧げる 恋しい想いを

声高らかに 静寂の空に唄う 今宵朝まで

星屑のセレナーデ

提供: うたまっぷ