歌詞

hana-bira

アンダーグラフ

作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人

君が僕のこと誘ったあの夜は 夏の空に咲く花を二人眺めた

二人距離をそっと埋める手のひらに 強く柔らかな想い 今を信じた


いつも変わらない二人でいよう そんな事考えてた僕に

「綺麗に見える場所じゃなくてもいいよ」って「二人でいれたらいいから」って


はじけて消えたhana-bira 君が照らされた 僕はそれ見てた

いつまで僕は君のことを守っていけるのかな


家路急ぎ出した 人達(ヒト)を避けてみて 静かなブランコで二人小さく灯をともす


「先に落ちたら 何をしようか」そんなこと言い出した君に

僕の想いは言葉に出来ず「どうか消えないで」そう願うだけで


君の瞳に映る花火(ヒカリ) 二人を包む白い壁

いつまで僕はこの時間を過ごせていれるのかな


言葉よりずっと確かなもの 伝えることに慣れてないけど

上手く君を満たせれますように


はじけて消えたhana-bira 君が照らされた 僕はそれ見てた

いつまで僕は君のことを守っていけるのかな

答えなんてモノわからない いつも変わらない僕と君がいて

見えない何か大きなものに押し潰されぬように

提供: うたまっぷ