歌詞

白い雨

アンダーグラフ

作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人

漂う神風水面に触れる 拡がる未来を暗示した

巡り巡る感情で僕ら進んだ


恥じらう心が時代で消える 見せかけの愛で飽和した

生憎今日も耳を塞ぎ続けていますが


吐き出した言葉だって潰してしまうんだ 子供が泣いてる闇の中

そろそろ僕らは全てを感じ 何をすべきかを問わなくちゃ


白い雨 降り注いでくれよ つないだ手離さないでいたいよ

蒼いホシその先にあるはずのムソウの未来 いつも

白い雨 降り続いてくれよ 居たいだけ愛すべき人達と

柔らかい日々が見てみたいから


歪んだ目線が幼を誘拐(さら)う ジャポネにしかないバーチャリティー

満たされたうえ 皮肉にも表われる性状況


認めざるを得ない今宵のライオン達は利益を考え月に吠える

僕ら何処まで懐れてるんだ すきま風吹き抜け傘を捨てた


白い雨 降り注ぐような 黒い影洗い流すような

世界にはその先に訪れるムソウの未来 明日は

白い雨 降り続いてくれよ 居たいだけ愛すべき人達と

柔らかい日々を過ごしていたいのに


白い雨 降り注いでくれよ つないだ手離さないでいたいよ

蒼いホシその先にあるはずの無争の未来 今は

白い雨 降り続いてくれよ 居たいだけ愛すべき人達と

柔らかい日々を見ていたい 見ていたいだけなんだ

提供: うたまっぷ