歌詞

UTAO-UTAO

V6

作詞
御徒町凧
作曲
HIKARI

交差点で 屋上で 人影も疎らな公園で

立ち尽くしてたんだ 流れる雲指でなぞって


群れ為すカタツムリ その螺旋の渦に物語

払いのけて 「君のココロ 揺さぶるカンジョウ」


いつの間にか 変わりゆく街並

どうして僕ら 風に吹かれてんだろう

手を取って UTAO-UTAO


想像以上の未来へ

相当ハードなWAY越え

クセになるね 僕ら出会えた奇跡とか

広がる無限の宇宙(そら)

もうどうしようもない気分さ

いつの日にか 愛に届く UTAO-UTAO


誰も知らない 遥か未来 その先へと続く大航海

小難しいことは 放り捨ててさぁ進め


織り成すタペストリー あの霞んだ太陽に手を翳し

流し込んだ 気の抜けきったアップルサイダー


この胸に 溢れる希望の光

「もういいかい?」なんて 今更言わせんなよ

居直って UTAO-UTAO


想像通りのこのステージ

騒々しい仲間が居て

例えるなら トムとジェリーの現代バージョン

雲間から射す光

問答無用に注ぐハッピーネス

夢みたいな日々に叶う UTAO-UTAO


手を取って 歌を唄おう


想像以上の未来へ

相当ハードなWAY越え

クセになるね 僕ら出会えた奇跡とか

広がる無限の宇宙(そら)

もうどうしようもない気分さ

いつの日にか 愛に届く UTAO-UTAO


だからここで 君が笑う UTAO-UTAO

提供: うたまっぷ