歌詞

素直になりたくて

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

素直になりたくて 一人旅に出た

見栄も意地も捨てて 一人きりで泣きたくて


海に沈む夕日 ドラマみたいに見送れば

照れくさそうな 茜雲が 夜に融けてゆく


ちらほら町灯り 蛍の群れのようだよ

そのひとつひとつに 人が暮らしてる

喜び悲しみ揺れる心を抱いて

誰もが少しずつ不安を分け合って生きていると

気づいたよ


素直になれなくて 大空狭くしてた

水が流れるように 生きてゆきたくなった


素直になりたくて 出さない手紙を書いた

夢や恋や生命 照れずに声に出したくて


夜空見上げたなら 折から十三夜

火照る心冷ますように 空を雲が行く


明日は山へ行き 大きな木を抱きしめて

このちいさな生命 問いかけてみるか

生きるということに 妙に力むのはやめて

少し自分を許しても 良いんじゃないかと

涙がこぼれた


素直になれなくて 自分を傷つけてた

風に吹かれるように 生きてゆきたくなった


ちらほら町灯り 蛍の群れのようだよ

そのひとつひとつに 人が暮らしてる

喜び悲しみ揺れる心を抱いて

誰もが少しずつ不安を分け合って生きていると

気づいたよ


素直になりたくて 一人旅に出た

水が流れるように 生きてゆきたくなった

提供: うたまっぷ