歌詞

Kana-shimi橋

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

柳川は並倉の赤煉瓦 殿の御花の白壁に

叶わぬ恋を捨てに来た 折から不意に忍雨

この恋を最後にもう二度と 渡らないと誓ったのに

Kana-shimi橋で袖を引く あの日恋しと咲く躑躅


見送るばかりの切ない恋でした

捕まえられる筈もない恋でした

一度立ち止まってくれたというのに

手を振ってしまった

Kana-shimi橋


掘割の小舟の紅い傘 花嫁の真白の綿帽子

水に映る柳の碧 町に似合いの花曇り

叶う恋あれば叶わぬ恋 幸せあればふしあわせ

Kana-shimi橋ですれ違う 咲くはずもない桐の花


見つめるばかりの切ない恋でした

抱きしめられたい哀しい恋でした

答えなど分かってはいるけれど

もう一度聞いてみたい


見送るばかりの切ない恋でした

捕まえられる筈もない恋でした

一度立ち止まってくれたというのに

手を振ってしまった

Kana-shimi橋


嗚呼 恋を弔い 夢を弔い

生まれ変わりましょう

嗚呼 忘れ得ぬ人 忘れ行く人

時は過ぎてゆく

嗚呼 恋を弔い 夢を弔い

別の人になる

嗚呼 さよならさよならと白い雲が流れゆく

ひとり Kana-shimi橋

提供: うたまっぷ