歌詞

コペルニクスの卵

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

冷蔵庫の無精卵 腐りかけている 閉めきられた暗闇の中で

あきらめないと息を潜めてる もって生まれた宿命と知りながらも


ブレックファーストメニューじゃちょっと味気ないね

このカラをやぶるのが 僕のコペルニクス


やがて太陽がのぼる前に

いつもの朝がくる前に

そろそろこっから抜け出そう


退屈にさいなまれている 氷点下3度の寒い部屋で

眠りについて夢に溺れてく もって生まれた本能を知りながらも


サニーサイドアップじゃちょっと味気ないね

このカラをやぶるのが僕のコペルニクス


君の空に飛び出したい

君の空をはばたきたい だから

そろそろこっから抜け出そう


他力本願じゃちょっと味気ないね

日常にありふれるパノラマを突き破って


やがて太陽がのぼる前に

いつもの朝がくる前に

そろそろこっから抜け出そう


君の空に飛び出したい

君の空をはばたきたい

そろそろこっから抜け出そう


冷蔵庫の無精卵 腐りかけている 閉めきられた暗闇の中で

提供: うたまっぷ