歌詞

夜の宝石

GOING UNDER GROUND

作詞
松本素生
作曲
松本素生

淋しい腕がつながり合えば街はいつでも夜の宝石

道にころがる光のクズと同じ分だけ優しい気持ち


坂を登って街が開ける サンダル履きで駆け出す僕等

もやの向こうで川の向こうで手を振っていたたよりない影


雨が降って傘もささず ふざけてる半分はやけっぱち


君は何を見てたかな? 君は何を思うかな?

僕は君を見てたから流れ星は見のがした


光る街で待ちぼうけ 会いたい人に会えるかな

君は何を見てたかな?僕は何を見てたかな?


淋しい腕がつながり合えば つまり僕等は夜の宝石

提供: うたまっぷ